ハッカーランクについて【ウィザード級以上のランク】

スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク

ウホウホ、マサイゴリラです。

ゴリラの気になるワード ”ハッカーランク” についてまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそも「ハッカー」とは?

ハッカーとは、コンピューターや電子回路に深い技術的知識、技術を持つ人間。     簡単に言うとと「超絶コンピューターに詳しい優秀な人」のこと

よく悪意のあるハッカーのことを「クラッカー」と呼ぶことに固執している人もいるだろうが、 関係なくハッカーと呼ばれている。逆に、その知識をもってセキュリティ対策など正義のハッカーのことを「ホワイトハッカー」と呼ぶことが一般的になっている。

ハッカーランクとは?

フィクション作品では、ハッカーの実力を「ウィザード 級のハッカー」と称することが多いが、具体的にハッカーにはどんなランクがあるか説明していきます。

①ワナビー( wannabe )

ハッカーにただ憧れて、実際にはなにもできないけど、ハッカーぶっている人種、日本でいうと厨房、中二病のような蔑称。 「ハッカーになりたがる馬鹿」(”I wanna be a hacker”)      小学生の頃に、コマンドプロンプト開いて適当にタイピングしたり、マウスの裏にテープを貼って使えなくしたりしていた奴。

②スクリプトキディ( Script kiddie )

他人の作成した、スクリプト(ツール、プログラム)を使用し、興味本位でハッキング行為を行うもの、「スクリプトを使うことしかできない子供」という意味でスクリプトキディと呼ばれている。ハッカーもどきであるが、実際にハッキングで第三者に被害を加えた事件もある。これは親の金を勝手に使って縁日にドローンを飛ばしたりするご迷惑キッズ。

③ニュービ( Newbie )

名前から連想できるように初心者,新米(new boy)から転じた用語、ハッカーと呼ばれるようになる最低ライン。ここからハッカーの上位に進化していくものもおれば、エンジニアとして活躍していくものいる。

④ウィザード ( wizard )

高度なコンピューター技術は、魔法と見分けがつかない魔法使いのようだ」ということから来た用語で、ハッキングツールを自分で作成して、ハッキングを行うことができるレベル

⑤デミゴッド(demigod)

ハッカーの中でも最高位に位置する称号であり、demigod=半神 作成したツールをハッキング中に書き換えたりすることができる。フィクション作品でウィザード級といわれているハッキングをすることができればデミゴッドと呼ばれると思う。

⑥グル(GURU)

サンスリット語で「指導者」、「 尊敬すべき人物 」などを意味する単語。グルはハッキング能力やIT技術ではなく、「偉大な功績を残した人」を意味し、 Linuxカーネルの生みの親であるLinus Torvalds や Linuxのディストリビュータ の方々をグルと呼ぶ。このレベルの人間は、ただの神でしかない。

ハッカーになりたい人へ

現代日本においてハッカー志望がなるべき職業は「ホワイトハッカー」を目指すべきだ。サイバー攻撃から国家や企業を守るセキュリティのプロフェッショナルだ。

ハッカーを目指すためには必要な能力は「プログラミング能力」、「OSの知識」、「WEBの知識」、「英語」が絶対に必要であり、独力でも、スクールに通い少しづつ優秀になっていこう。


【ライザのアトリエ】すごく可愛くて、すごいギリギリなおすすめMODまとめ【Steam】
【ライザのアトリエ】超かわいい!おすすめMOD紹介-超健全版-【Steam】
【ライザのアトリエ】衣装MODのダウンロード、導入方法を簡単解説
完全無料の「動く壁紙」を設定できるソフト【Wallpaper Maker】のご紹介
全て知っていたらポケモンマニア?モンスターボールのゲーム登場の全28種類を紹介!【ポケモン】


コメント

タイトルとURLをコピーしました